最近、トランクルームという言葉をよく耳にします。

街中にも、トランクルームの看板を見ることが出来、一般の方が借りる収納スペースとして認知されてきていますね。

このトランクルーム、
私も良くわからなかったので調べてみました。

そうしたら、正確な意味と、私達が使っている意味とに少しギャップがあるようです。

私達は、トランクルームという言葉から、自宅では保管するスペースが不足しているので、それを保管できるスペースとして借りる場所をトランクルームと考えていますよね。

実際、収納スペースを貸し、一定のルールの下で自由に使うことの出来るサービスをトランクルームと呼んで宣伝している業者さんもいますものね。

調べてみるとトランクルームというのは、国土交通大臣の登録を受けた倉庫業者が運営する倉庫に、荷物の保管を委託するということを指すそうです。

個人でも利用は可能で、倉庫業者さんとの委託契約になるそうです。

簡単に言うと、荷物を預けるということです。


私達が思い込んでいた収納スペースを借り、あるルールの下で自由に出し入れをするサービスは貸倉庫、レンタル収納スペースという言葉で区別されていました。

ビルや不動産のオーナーさんが不動産業者さんに依頼し、借主と契約して、スペースを貸すというものです。賃貸のアパートや、マンション、駐車場などと同じですね。

こちらは、不動産業者と個人の賃貸契約だそうです。

収納スペース専用の形態に作り、管理体制も組み、安全、快適に荷物が保管できるということで、自宅での収納スペースが不足しているご家庭などが利用されるケースが多いようです。